2010年02月28日

パソコンが起動しなくなった時・・・ その5

この後は、Windows同様に ドラッグアンドドロップで退避させたファイルやフォルダをコピーしていけばよいでしょう。

すべての必要なファイルを退避できたら、WindowsのインストールCD/DVDやメーカー製のパソコンのリカバリーディスク(リカバリ機能)を利用して、Windowsを正常な状態に戻しましょう。


それでは、実際にwindowsのインストールCD/DVDを光学式ドライブにセットして、そのディスクカラパソコンを起動して、再インストールを行えばよいでしょう。当然Windowsのプロダクトキーが必要となりますので、あらかじめ確認しておきましょう。また、周辺機器やパーツのドライバも用意しておきましょう。

ここで、初期状態に戻した場合の 後『作業の流れ』について記録します。

Step1:パーツや周辺機器のドライバのインストール
Step2:セキュリティソフトのインストールと最新状態の更新
Step3:ProgramのアップデートによるWindowsの更新
Step4:今まで使用していたアプリケーションソフトのインストール
Step5:外付けハードディスクに退避させておいたファイルをWindowsをインストールした内蔵ハードディスクにコピー
Step6:アプリケーションソフトやWindowsの設定Step1について
インストールを行った場合、接続しているハードウェアのドライバがインストールされているかどうかは、『デバイスマネージャ』で確認できます。
とりあえず、XPの場合を記録します。

『スタート』から、『コントロールパネル』を開き、『パフォーマンスとメンテナンス』から『システム』をクリックして『システムのプロパティ』ダイアログを表示します。その中から『ハードウェア』タブにある『デバイスマネージャ』を参照します。
その中から、接続されているハードウェアが一覧で表示されます。
そのハードウェアに対応したドライバが無い場合は、『!』マークが表示されているので 該当の項目を右クリックして『ドライバの更新』を実行しましょう。
もしくは、該当製品のCDが付属していれば そこからセットアッププログラムを実行すればドライバがインストールされるものもあります。もし何も、無いときは そのハードウェアのメーカーのWebサイトなどでドライバをダウロードすればよいでしょう。
また 実行方法は、対応する製品によって違うので、各々確認してみましょう。

こんな 面倒なことは やりたくない方は、予めバックアップファイルを作成して Cドライブ以外に保存しておけば 一発でバックアップした時の状態にすぐ戻すことが出来ます。

こちらの記事をご参考にして下さい。
タグ:リカバリ
posted by ハル at 09:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142370256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。