2010年03月15日

HDDの劣化状況を事前に・・・

パソコンの中でも、一番先に故障しやすいのは、回転系統の機器といわれています。

つまり、ハードディスク・電源などで メモリなどは、故障としては初期の状態が多いようです。

そこで故障する可能性として高いハードディスク劣化状況について、事前に知る方法を記録します。

そうすれば、予備のハードディスクを備えておき 万が一にも上手に対処できるようにしましょう。ハードディスクには、一般的に『SMART機能』という機能があります。

これは、ハードディスクを監視して『温度などの項目』を測定します。

これをフリーソフトで確認しておく方法について記します。

情報内容には、現状をします『値』と今までの最低を示す『ワースト値』と寿命を判断することができる『しきい値』の三つの表示がされます。

湿度以外の各項目は、数値が大きいほど健全で、劣化するほど値が少なくなります。

代表的なフリーソフト:『HDD Smart Analyzer
       有料ソフト:SmartHDD Pro ハードディスク診断

posted by ハル at 14:50| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ハードディスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143700646
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。