2010年03月29日

パソコンが突然起動しなくなる原因について その2

ウィンドウズプログラム起動中に、動作が停止する場合

ハードディスクアクセスランプが点灯し、ウィンドウズの起動プログラムの読み込みが始まります。

このとき画面には、ウィンドウズのロゴが表示されます。

この画面はオープニング画面と呼ばれ、ここまでくればパソコン本体と周辺機器は正常に動作していると考えられます。

オープニング画面が表示されないときは、ウィンドウズの起動プログラムが損傷しています。

ソフトだけの損傷やハードディスクの軽微な損傷であれば、ウィンドウズXPの『インストールCD』あるいは『起動ディスク』を使って起動しなおし、『回復コンソール』という機能を使って起動プログラムの修正を図ります。

ただし、ハードディスクの損傷の程度が大きいと、起動プログラムは修復できません。

また、・・・オープニング画面のまま画面が止まってしまうときは、ドライバソフトやレジストリの設定データの不具合が考えられます。

前回パソコンが異常終了したときなどに起こるトラブルで、BIOSの『前回正常起動時の構成』で起動しなおすと解決するはずです。

ただし、ハードディスクの損傷の程度が大きいと、起動プログラムは修復できません。

また、オープニング画面のまま画面が止まってしまうときは、ドライバソフトやレジストリの設定データの不具合が考えられます。

前回パソコンが異常終了したときなどに起こるトラブルで、BIOSの『前回正常起動時の構成』で起動しなおすと解決するはずです。

それでま、ダメな場合は あきらめて専門家に頼んでみましょう。
posted by ハル at 15:46| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145007194
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。