2012年12月10日

無線LAN環境のない場所でも、データを無線で共有することって 出来るんでしょうか?

答えは、出来るようです。

つい最近 私も知りました。
周りの人とデータのやり取りをしたくても、無線ラン環境がなければ リムーバブルディスク等を利用しなければ出来ません。

ところが、最近知った キングジムより発売されている、ワイヤレス共有メモリ「パケッタ」を使うと共有できるんですね。

でも、よく考えると WEBに繋がげないだけで LAN環境を構築すればいいことなんですね。

マア、それはそれとして パケッタは、無線LAN機能とストレージ機能の両方の機能を持ったワイヤレス共有メモリということなんですね。

パソコンとUSB接続することで、パケッタ自体が無線LAN環境となるため、ネットワーク環境のない場所でもパソコン(無線LAN機能があるものに限る)やiPhone/iPadなどのiOS端末、または別のパケッタ本体へデータをコピーすることができるんですね。

また、パケッタ内のデータの保存先となる「ボックス」は、それぞれ公開・非公開の機能もあります。
posted by ハル at 00:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネット環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/305726518
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。