2012年11月07日

Windows8の特徴は・・・

◇最大の特徴は、2つの世界が同居するOSと思った方がわかりやすいかもしれません。

Windows8は、タブレット感覚で利用するタッチ操作向けのアプリ環境が一つ。
従来のデスクトップ画面で利用する環境が同居するOSが一つ。

この 2つの世界を切り替えながら操作するのが 一番の特徴ですね。

仕事でパソコンを利用される方は、ほとんど従来型のデスクトップ上で操作することが多くなると思います。
ということは、デスクトップ上で操作すれば画面にすれば Windows7で利用していたアプリケーションを、ほとんど利用できます。

◇32ビットはWindows8が最後のようです。

Windows8までは、32ビットと64ビットを選択することができますが、次期OSの場合、64ビットのみになる可能性があります。
新規にパソコンを購入予定の方は、思い切って64ビットに乗り換えることを推奨しているようですよ。
posted by ハル at 06:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

オフィスプログラムのアンインストールができない時の対処方法について

オフィスプログラムを削除しようとすると、
『この修正プログラム パッケージを開くことができませんでした。修正プログラム パッケージが存在し、アクセスできることを確認してください。またはアプリケーション ベンダーに問い合わせ、Windows インストーラーの修正プログラム パッケージが有効であることを確認してください。』
と表示された場合の対処方法について。

@ Microsoft Fixit 50123 をダウンロードして実行する。
  今回は、プログラムの修復はできませんでした。
A Microsoft Office を修復または再インストールする
  コントロールパネルから、削除は全く動作しませんでした。
  また、CDから オフィスの再インストールもCDが全然動きませんでした。
B Windowsインストーラ起動時のエラーを解消する
Windowsインストーラは、ハードディスクにファイルをコピーするとともに、レジストリ情報を更新している。
何らかの理由からこれら両者の間で不整合が起こると、以後、インストール処理が実行できなくなる場合がある。

ということで、今回は以下の手段を試してみました。
不整合を起こしたアプリケーションの情報をクリーンアップする無償ツールが公開されている。
ということで、詳しく記載されているサイトを調べてみました。

また、Office製品に限らず、Windowsインストーラを使っている製品で、下記のようなエラーメッセージが出て、インストールもアンインストールも出来なくなってしまう場合があります。

「選択した機能は CD-ROM、または現在使用できない他のリムーバブル ディスクにあります。Office XP product ディスクを挿入し、[OK] をクリックします」
(このエラーのみ良く似たメッセージで対処方法が違うものもあります)

このようなエラーが出た場合は、「Windows Installer CleanUp ユーティリティ」を使うことで、復旧することがあります。

ということで、実際に実施した結果は 次回に記載したいと思います。
posted by ハル at 09:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月01日

XP ようこそ画面で アカウント名が表示されません。

今回は、下記の手順で表示させました。
その後、システムの復元でシステムが快調に動作している時期に復元しました。
はじめに、[ようこそ画面]を表示して、左手で[Ctrl]キーと[Alt]キーを押さえながら、右手で[Delete]キーを2回クリックします。

すると、従来のログオン画面 (クラッシック ログオン プロンプト) になりますので、ユーザー名に「Administrator」と入力します。続いてインストール時に設定したパスワードを入力します。なければ、そまま次の操作を行います。

[OK]ボタンをクリックすると、ログオンが始まります。
画面が表示されたら、試しに[スタート]ボタンをクリックすると、Administratorアカウントでログオンしたことが分かります。

今回は その後、システムの復元を操作しました。

【手順のまとめ】

 1)[ようこそ画面]を表示する。

 2)[Ctrl]+[Alt]+[Delete]を2回押す。

 3)ユーザー名にAdministrator と入力する。

 4)インストール時に設定したパスワードを入力する。

 5)[OK]ボタンをクリックする。

実際には、ここまで操作しませんでしたが 以上の場合がダメなときは 以下の手順を試しましょう。

セーフモードのコマンドプロンプトでログインして,コマンドプロンプトが表示されたらnet user 新たなユーザー名 /addと入力すると新たなユーザーが追加されます。
その後,再起動などすれば新たに追加したユーザーでログオンすることができるはずです。
posted by ハル at 06:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | OS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。